出会い系で会った人妻セフレと自宅セックスできた

俺には今、結婚を約束している彼女がいるんですが、それとは別に、彼女に内緒で付きあっている人妻がいます。その人妻、真由さん(仮名)と最近したエッチのことを書きたいと思います。

 

俺が真由さんと出会ったのは、出会い系サイトがきっかけでした。俺はそのとき1か月の出張中で名古屋にいました。俺の住む長野からはそこそこの距離になるので、休みの日も十分に彼女に会えずに悶々としていました。それで寂しさもあって、つい出会い系サイトをのぞいてしまったんです。適当に何件かメールを送ってみた中で、最初に返事をくれたのが真由さんでした。真由さんは俺より7歳年上の35歳でしたが、サイトにアップしている写真もキレイめな感じで、年上好きな俺にはストライクでした。とりあえず飲みに行こう、という約束をし、待ち合わせました。

 

実際に会った真由さんは、女優の吉瀬美◯子のような美魔女でした。こんなキレイな35歳が本当にいるのか、と俺は舞い上がりました。真由さんは旦那が転勤族で家にいないことも多い為、寂しさもあって出会い系サイトでちょくちょく男と会っているようでした。真由さんは「若い彼女がいるのに、おばさんとこんなことしてちゃダメだよー笑」といいながら、俺をホテルに連れていき、抱き合いました。真由さんの胸は小ぶりで少し垂れた感じでしたが、年齢を感じさせない若々しさがあり、その日俺は真由さんの口と正上位で2回絶頂に達しました。そのとき俺は、名古屋に来ることもそんなにないし、真由さんとは一回きりだと思っていました。

 

半年後、俺は長野から名古屋に転勤になりました。彼女とは結婚して名古屋に一緒に住もう、ということになりましたが、彼女も仕事が多忙ですぐには来れない状態だった為、ひとまず俺が先名古屋での生活をはじめることになりました。そんなとき、俺は真由さんのことを思いだしてしまいました。彼女のこともあるし良くないとは思っていましたが、誘惑に負け、残してあった真由さんのメールに連絡してしまったんです。真由さんは、「なんかまた来るような気がしてたよ笑」といい、俺をバーや居酒屋、ホテルへ連れて行ってくれました。

 

休日は真由さんと飲み→ホテルの流れができてひと月くらいしたつい先日、だんだん俺は真由さんが普段どんな生活をしているのか気になり始めていました。そしてダメ元で、「明日は真由さんの家でしたい」とメールしてみたんです。返事は「ダメ」の一言でした。やっぱりそうだよなぁ、と思っているとすぐに、「でも来週なら旦那いないからいいよ」と返ってきました。俺は舞い上がってしまって、その一週間は彼女のことも忘れてずっと真由さんのことばかり考えていました。

 

当日、真由さんの自宅を訪れると、そこは繁華街に近い高級そうなマンションでした。俺は興奮と緊張でドキドキしながらエレベーターで上のほうまで上がりました。

 

チャイムを鳴らすと、真由さんはお昼ごはんの準備をしてくれていたらしく、エプロン姿で迎えてくれました。そのエプロン姿に俺のリミッターは振り切れてしまい、玄関で真由さんに襲いかかりました。

 

「ちょっと…や、やめて…」

 

と言われても、それはますます俺の興奮を高めるだけでした。エプロンの上から胸を揉みしだき、唇をふさぎました。最初は抵抗気味の真由さんでしたが、すぐに俺に応えて舌を絡めてきてくれました。胸を揉んでいた手を下腹部に移動させると、真由さんのソレはもう十分に濡れていて、俺は中指を出し入れしました。

 

「…んっ、…ん」

 

という真由さんの息と、クチュクチュいう音が玄関にエロく響いていました。

 

「…ベッド行こう?」とトロンとした真由さんに言われて俺たちは寝室に移動しました。ここで真由さんは旦那と生活してるんだ…と思うと俺の股間は背徳感と興奮で今までにないほど固くなっているのがわかりました。

 

俺は真由さんの服を全て脱がせると、エプロンだけ着るように真由さんに言いました。裸エプロンは彼女にもさせたことがありませんでした。

 

「君がそんな変態だと思わなかったよ笑」
と笑いながら、真由さんは応じてくれました。俺は真由さんのエプロンをたくし上げると、もう我慢できなかったペニスを真由さんの中へ挿入しました。

 

「…んっああっ、大きいっ」

 

と真由さんも喜んでくれました。寝室に、真由さんの吐息と喘ぎ声、パンパンいう音が響きます。他人の奥さんなのに、他人の家なのにこんないやらしいことをして…
俺は込み上げるものを押さえながら、腰を振り続けました。

 

「…んっ、イグっイクっ…」

 

真由さんが小さく震え、俺をギュッと抱きしめたとき、俺も絶頂に達しました。

 

俺は急いでペニスを抜くと、エプロンの上でたくさんの精子を発射しました。白い花柄のエプロンの上の、少し黄味かかった精子がとてもエロかったです。

 

お昼ごはんの後、俺は食器の片付け中の真由さんをもう一度襲い、結局3回戦までして真由さんの家を後にしました。真由さんも、今日は興奮した、と言っており、最後に「また来てね?」とキスをしてくれました。

 

来月には彼女が名古屋に来ることになっているのですが、当分真由さんとは別れられそうにありません。
【愛知県|20代|男性|会社員】

 

出会い掲示板で知り合った男性を家呼んでセフレと肉体関係

夫が急に海外赴任となり、私は家で一人ぼっちになってしまったのです。私はその寂しさに耐えかねるようになり、出会い掲示板を使おうと思ったのです。

出会い掲示板には私を楽しませてくれる男性がたくさん居て、私はどんどん出会い掲示板の魅力にはまって行きました。最初男性とは外で会っていたのですが、どうせ家には誰もいないんだから家で会えば良いと思いつき、それから男性を家に引き込むようになりました。私は毎晩のようにかわるがわる男性を家に引き込み、楽しい夜を過ごす様になったのです。初めの内は男性とどんちゃん騒ぎをするだけでしたが、次第に体の関係も持つようになりました。正に家は、酒池肉林の場と化したのです。
そんな事を繰り返している内に、私は一人の男性と知り合いました。他の男性は私と一緒にどんちゃん騒ぎをしてくれたのですが、彼だけはそんな私を窘めてくれたのです。最初はそんな彼に対して腹が立ちましたが、次第に彼が私の事を思って言ってくれたのだという事が分かるようになりました。そうなってから私は彼の事が好きになってしまい、彼の言う事を素直に聞くようになったのです。そんな私の事を彼は愛してくれるようになり、いつしか体の関係を結ぶようになったのです。セフレ関係となった彼とはどんちゃん騒ぎをせずに、静かに夜を過ごしています。
どんちゃん騒ぎをしている時よりも、セフレと一緒に静かに夜を過ごす今の方が、私にとっては楽しい時間となりました。セフレとのこんな時間をいつまでも続ける為に、夫がいつまでも帰って来ませんようにと、私は悪いお願いを神様にしてしまっています。
「北海道:30代:女性:主婦」


PCMAXを無料で試してみる >>


TOPへ戻る >>セフレ探し成功!作り方が簡単な出会い系ランキング【セフレ検索】